基本知識

【必要不可欠な知識】Unityのプロジェクト構造について

unityプロジェクトシーンの関係

Unityでゲーム開発する際に必要なのが、プロジェクト作成です。

またプロジェクトの中にあるのが、シーンや物体(オブジェクト)です。

その辺の基本知識について勉強していきます。

Unityのプロジェクト構造について

プロジェクトシーンの関係unityのプロジェクトの中の構造をみて行きます。

プロジェクト(Project)

シーン(Scene)

物体(Object-オブジェクト)

機能(Component-コンポーネント)

のような構造になっています。プロジェクトが主軸となっていますね。物体はオブジェクト、機能はコンポーネントというので覚えておいてください。

プロジェクトの中にシーン、シーンの中にオブジェクトに、オブジェクトの中にコンポーネントがあります。

シーンというのは、ゲーム内の1画面のデータです。よくあるパターンとして、

●シーン例

「スタート画面」
「メイン画面」
「クリア画面」

で分けられます。

シーンも重要です。

例:玉転がしの構造

当サイトには【玉転がし】というゲームサンプルがあります。「ボールが坂を下って、ゴール地点まで転がっていく」ゲームなのですが、とてもシンプルな構造です。

玉転がしの流れ

このような感じの流れになります。

複雑なゲームでも

プロジェクト(Project)



シーン(Scene)



物体(Object-オブジェクト)



機能(Component-コンポーネント)

この構造はかわりません。ぜひ覚えてください。

まとめ

  • プロジェクト>シーン>オブジェクト>コンポーネント
  • この構造でUnityのゲームはできている

以上さぎのみや(@gumimomoko)でした。明日からも一生無双でやったりましょうp|  ̄∀ ̄ |q ファイトッ!!

 

 

 

 

 

ABOUT ME
さぎのみや
unityブロガー。もしわからない、わかりにくいところがあった場合はTwitterやお問い合わせで連絡ください。