基本知識

【2018】UnityをWebGLでビルド(書き出し)する方法【超図解】

webgl-unity
  • WebGLでビルドしたい
  • WebGLでビルドして公開したい

ということを解決します。

WebGLはプラグインなしで、ブラウザ上でゲームを遊ぶためのものです。とても便利なやつですね。

WebGLにビルドする流れ

この流れ進めていきます。

  1. ゲームを完成させる
  2. 【Scene In Build】に作ったSceneをドラッグ&ドロップ
  3. WebGLプラットフォームに変える
  4. 設定変更
  5. ビルドする

1.ゲームを完成させる

完成させてください。

2.【Scene In Build】に作ったSceneを入れる

Scene-bulid1

●【Scene In Build】に作ったシーンを入れる流れ

【File】→【Build Setting】→【Sceneをドラッグ&ドロップする】→【一番上になっているのがSceneの初めになっていることを確認する】

もしシーンが1つしかない場合は、その1つを【Scene In Build】にドラッグ&ドロップしてください。

3.WebGLプラットフォームに変える

Scene-bulid1

●WebGLにプラットフォームに変える

【File】→【Build Setting】→【WebGLを選択】→【Switch Platform】→【WebGLの横にUnityマークがついていればOK】

webgl-unity

こんな感じでプラットフォーム(ゲームを動かすための土台)を変更できます。

【Development Build】のチェックは外れていることを確認してください。

もしエラーがでたら、Unityをインストールする際にWebGLにビルドするために必要なものをインストールしていない可能性があります。

Unityインストール

WebGLというチェックボックスにチェックをつけてインストールしてくださいませ。その際にもう一度、UnityやVisual Studioをインストールする必要はありません。

4.設定変更

Player Settings

【player Setting】を押してください。

そしたら、【Inspector】に【PlayerSettings】が表示されます。

icon-unity

アイコン設定したら、「5」にいきましょう。

5.ビルドする

Build-unity

【Build】をクリックしましょ。

保存する画面が出てくるので、場所はどこでもいいので、保存しましょう。時間かかります。

まとめ

  1. ゲームを完成させる
  2. 【Scene In Build】に作ったSceneをドラッグ&ドロップ
  3. WebGLプラットフォームに変える
  4. 設定変更
  5. ビルドする

今回はWebGLにビルドしました。

今度は公開していきましょ。

>>>【Unity】unityroomに投稿する具体的な方法【完全図解】

unityroom
【Unity】unityroomに投稿する具体的な方法【完全図解】【Unity】unityroomというUnityで作ったゲームを簡単に公開できるサイトがあります。そのゲーム投稿サイトにゲーム投稿するのは、いくつかの手順があります。その方法をお伝えします。...
ABOUT ME
さぎのみや
さぎのみや
Unityでのゲーム開発を手助けするメディア「Unishar-ユニシャー」運営者。UnityとBlenderを使っています。好きな人は芯がある人です。シェアしていたさい(゚∀゚)→Amazonほしいものリスト
Unityでゲーム開発をしたいあなたへ

Unityとは?から基本操作まで学べる

>>ゼロから始めるUnity

プログラミングとは?C#の基本まで学べる

>>ゼロから始めるC#

実際にUnityでゲームを作る

>>サンプルゲーム一覧

ボタンを押すとその記事にいきます。