基本知識

Asset Store(アセットストア)とはUnityの素材が手に入るデパート。使い方も紹介

Asset Storeってなに?

Asset Storeは聞いたことあるけどイマイチわからない

ということを解決します。

結論としてAsset Storeとは「無料・有料でUnityの素材を手に入れられるデパート」です。

Asset Storeの使い方だけが知りたい方はまで飛んでください。

Asset Store(アセットストア)とは無料・有料でUnityの素材を手に入れられるデパート

デパート-unity

Asset Storeで下記のような素材を手に入れることができます。

ゲーム開発で使える素材をたくさん取得できますね。

有料なのも無料なのにもあり、支払いはクレジットカードかPayPalとなっています。

3Dモデル動物やロボットのオブジェクト
アニメーション動き
エディタ拡張Unityエディタ内で動くスクリプトで、処理を自動化
オーディオ音。クリアした際にでる音とか。
完成プロジェクト完成されたプロジェクト
サービス課金システムや広告
シェーダー3Dオブジェクトをうつすもの
スクリプトコード
パーティクルシステム気象・炎・魔法・水
テクスチャ&マテリアルもの表面に使う
Unity提供アセットUnityが提供してくれる素材

 

Asset Storeにある素材はすべてUnityが提供してない

Asset Storeで誰でも素材を販売することができます。一定のクオリティを保っていないとダメですがね。

「Unity提供アセット」というのは、Unityが出してくれる素材となります。

Asset Storeのルール(商用利用関連)

これを知っておかないとアウトですね。

  • 一度購入したものは期限なく何度でも使える
  • 組み込んだアセットが取り出せない形であれば個人・法人・商用・非商用OK
  • ロイヤリティ不要
  • サービス系SDKの改変はダメ
  • ↑が原則
  • 購入する際に商用利用NGなどの追加ライセンスの記載がある場合は、それに従う

基本的にAsset Storeからダウンロードした素材を使って、ゲームを公開しても良い。でも、追加の記載がある場合はそれに従ってね。

ことらしいです。あくまでも個人の見解ということにしてください。

Unityの日本チームの見解>>アセットストアが選ばれる5つの特徴

サービスSDKとは、【アドオン>>サービス>>解析・決済】カテゴリーにあるアセットのことです。詳しくはAsset Storeの『サービス系SDKの改変不可』のサービス系SDKってなんぞやをみてください。

Asset Storeの使い方

流れ

  1. Asset Storeにいく
  2. ダウンロードしたいものを選ぶ
  3. ライセンスの確認
  4. インポートする
  5. 衛星を設置する

インポート後は素材によって違います。今回は3Dオブジェクトの【Magellan】という衛星を例にします。

Asset Storeにいく

Asset Store-unity

●Asset Storeを開く

【Window】→【Asset Store】→【Maximize】

【CTRL + 9】

ダウンロードしたいものを選ぶ(今回はMagellan)

Asset Store探す

●ダウンロードしたいものを選ぶ(Magellan)

【3Dモデル】→【乗物】→【宇宙船】→【無料のみ】→【Magellan】

無料のみを押すことで無料のアセットのみが表示されます。

見つからなかったら検索欄に【Magellan】と入れてください

【Magellan】が見つからない場合は検索欄に【Magellan】と入れてください。表示されます。

ライセンスの確認

これを利用するにはなにか条件が必要なのか?ということを確認します。

ライセンス確認-unity

矢印の部分を確認してください。

左の矢印の説明書いてあるところに、「商用利用ダメ」など書いてある場合がございます。ご確認ください。英語が苦手な方はブラウザのAsset Storeから説明をコピーして、グーグル翻訳にかけてください。

下の矢印のところに、【ライセンス同意書を読む】という項目がある場合がございます。ある場合は、それに従ってください。

このアセットは商用利用可能ですね。

インポートする

アセットストアダウンロード

●インポートする方法

【ダウンロード】→【インポート】

【インポート】完了後、Unity開発画面に戻ってください。【Maximize】を押すと、もとの画面に戻ります。

衛星を設置してみる

アセット使う

●3Dモデル【Magellan】を設置

【Magellan】フォルダ→【maggellan_exを選択】→【Hierarchy上にドラッグ&ドロップ】

Unityのいつもの画面に戻ると、Projectウィンドウに【Magellan】フォルダが追加されています。その中の【maggellan_ex】をHierarchyにドラッグ&ドロップしましょ。

こんな感じでAsset Storeの3Dモデルを使えます。

他のテクスチャの使い方は他の記事で説明します。

まとめ

  • Asset Storeは追加ライセンスがない場合・組み込んだアセットが取り出せない形だったら個人・法人・商用・非商用OK

以上さぎのみや(@gumimomoko)でした。明日からも一生無双でやったりましょうp|  ̄∀ ̄ |q ファイトッ!!

UnityAsset StoreJapanさんがわかりやすいといっていただきましたてへ。

 

ABOUT ME
さぎのみや
さぎのみや
Unityでのゲーム開発を手助けするメディア「Unishar-ユニシャー」運営者。UnityとBlenderを使っています。好きな人は芯がある人です。シェアしてください( ・∇・)→Amazonほしいものリストスタバおごる
Unityでゲーム開発をしたいあなたへ

Unityとは?から基本操作まで学べる

>>ゼロから始めるUnity

プログラミングとは?C#の基本まで学べる

>>ゼロから始めるC#

実際にUnityでゲームを作る

>>サンプルゲーム一覧

ボタンを押すとその記事にいきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください