C#

【Unity&C#】変数・型の説明と変数を利用したスクリプト【基本知識】

C#の変数と型の説明

前回の【Unity&C#】Hello Worldを表示するはどうでしたか。はじめてコンピューターにやってほしいことを伝えましたね。

今回は数値や文字列を入れることができる箱を作成します。

変数とは数値や文字列を入れることのできる箱

 C#の変数の説明 

変数というのは数値や文字列を入れることのでき箱です。例えば「12」や「野球」などの数値が文字列を入れることができます。

その箱には名前をつけることができ、それを変数名といいます。

C#の変数と型の説明

じゃあ、変数に文字でも数値でも入れることができるのか?と言われるとそんなこともないのです。箱の種類があります。

箱の種類によって、整数をいれられるもの、少数を入れられるもの、文字列を入れられるもの、など異なります。

この箱の種類を「型」といいます。また型の名前を「型名」といいます。

変数の型

型名読み方タイプ取りうる数値例
intいんと整数値1,2,10,12,111
floatふろーと小数値1.2,111.2,27.8
boolぶーる真偽値ture,false
charチャー文字t,a,b
stringストリング文字列桃、ももこ

基本的な変数の型=箱の種類をお伝えします。上の通りです。

int型には「桃」とは入れられません。理由は整数でないからです。簡単ですね。

変数を利用する方法

●変数を利用する方法

  • 変数の宣言
  • 変数の代入

変数を利用するに【変数の宣言】と【変数の代入】をする必要があります。それはスクリプトを見て覚えていきましょ。

前回書いた部分は消してください。

string型(文字列型)を利用してスクリプトを書く

Test

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Test : MonoBehaviour
{

         // Use this for initialization
         void Start()
         {
          string name;            // 変数宣言
          name = "さぎのみや"; // 変数に代入
          Debug.Log(name);    // Consoleに表示
          }

        // Update is called once per frame
        void Update()
         {

         }
}

変数の宣言型名 変数名;
変数の代入方法変数名 = 代入する値;

「=」の横は半角のスペースをいれてます。全角は禁止です。

「string name;」の説明

変数の宣言型名 変数名;

変数の宣言方法はこれです。

「string name;」は「string型(文字列型)」の「name」という箱を使いますと宣言していますね。

ではこの場合について考えてみてください。

「int age;」

これはなに型をなんという名前で宣言していますか?

正解は「int型(整数型)」を「age」という名前で宣言しています。できましたでしょうか。

「name = "さぎのみや"; 」の説明

変数の代入方法変数名 = 代入する値;

変数宣言したものは代入しなければ使えませんね。代入方法は上の通りです。

「name」という変数名の「string型(文字列型)」の変数に「さぎのみや」と代入しています。

"さぎのみや"」の「"」がついている理由は文字列だからです。

重要:「=」は数学で使うイコールではない

1 + 1 = 2

これは普通の計算です。この場合の「=」は左辺=右辺であることを示していますよね。

でもプログラミングでの「=」は違うます。

左辺に右辺を代入する

という認識でおねがいします。

「name = "さぎのみや";」は

name と さぎのみや が同じなわけではなく、nameにさぎのみやを入れているということです。

のちのち必ず役にたちます。

「Debug.Log(name);」の説明

Console.Log(A);AをConsoleに表示する

前回の記事でもやりましたね。

今回はConsoleに「name変数」を表示させています。「name」変数の中には、「さぎのみや」を入れましたよね。

実行してみましょう

C#スクリプトの実行

Unityに戻って実行してみましょう。Consoleウィンドウに「さぎのみや」とでていれば、成功です。

 

変数と宣言を一文でできるよぉ

Test

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Test : MonoBehaviour
{

         // Use this for initialization
         void Start()
         {
          string name = "さぎのみや"; // 変数宣言と代入
          Debug.Log(name);             // Consoleに表示
          }

        // Update is called once per frame
        void Update()
         {

         }
}

変数宣言と代入型 変数名 = 代入する値;

これで代入と宣言を一文でできます。よく使います。

これでも「さぎのみや」とConsoleにでます。やってみてください。

まとめ

  • 変数は数値や文字列をいれることができる
  • 変数を使うには宣言と代入が必要
  • 文字列には「""」をつける
  • 宣言と代入を一文でできる
変数の宣言型名 変数名;
変数の代入方法変数名 = 代入する値;
変数宣言と代入型 変数名 = 代入する値;

次回はint型(整数型)とfloat(小数型)をスクリプトで利用します。この記事で変数についてわからなくても、次の記事でわかると思います。

C#のint型とfloat型の説明
【Unity&C#】int型(整数型)とfloat(小数型)、変数に変数を代入【基本知識】【Unity&C#】int型(整数型)とfloat型(小数型)を使ったスクリプトを書いていきます。その後、変数に変数を代入していきます。float型のルールについても説明していきます。...
ABOUT ME
さぎのみや
さぎのみや
Unityでのゲーム開発を手助けするメディア「Unishar-ユニシャー」運営者。UnityとBlenderを使っています。好きな人は芯がある人です。シェアしてください( ・∇・)→Amazonほしいものリスト
Unityでゲーム開発をするなら!

Unityとは?から基本操作まで学べる

>>ゼロから始めるUnity

プログラミングとは?C#の基本まで学べる

>>ゼロから始めるC#

実際にUnityでゲームを作る

>>サンプルゲーム一覧

ボタンを押すとその記事にいきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください